げんきブログ

整骨院やスタッフニュース

親指が動きにくい・握力の低下・・・予防運動

昨日の患者さんで親指付け根部分(上の写真の赤い部分)が痛いとの事で来院されました。

女性・50歳代の方でしたが確かに親指の付け根部分が赤くなり腫れて親指を動かすと痛い状態でした。

原因が分からないとの事でしたが、自身の経験上こういう方は草取り後に多く見かけるので最近

草取りをしいていないか聞いてみたところ 一昨日に草取りをしたとのことで原因が分かりました!

手根中手CM関節の使い過ぎによる炎症反応と判断し超音波施術とアイシング、アイシングジェルで様子を見てもらうことにしました。とにかく安静と通院をしてもらいます。

痛み腫れ発赤がおさまったらまた同じ怪我や変形性にならないように親指の予防運動を自分自身でしてもらいます。

こういう症状で親指の付け根から内側へ変形しかかってる患者さんを多くみかけます。中高年女性でよく親指を使う方に多く自分自身では気づかずに変形したり握力低下になってしまっています。もちろん男性にも見られます。

こういう状態にならない為にも、なってしまった方でも親指の予防運動をしてもらうと期間の長短は人それぞれですが効果があると思います。

今回の患者さんのようにまだ炎症状態が出現しているうちは止めましょう。

痛みが軽くなり腫れや発赤など治まりましたら予防運動していきましょう。

まずは、写真の指さしてる部分(大菱形骨・中手骨・母指球筋)が内側に入り込んでしまっています。

そうなると意外と変形していても痛みが少なかったり日常生活そんな困らないので気づきません。だいたいが私の施術中に触診しアレっと見つける感じです。

では早速、簡単に出来る運動なので今後いつまでも綺麗な指と

握力を維持するために動かしていきましょう。

上の写真を見てください。お風呂で湯船につかりながら、このように内側に入り込んでしまった

親指全体を母指球筋・大菱形骨・中手骨部を良い方の手で持ち上げて10秒くらい保持し

これを3、4回繰り返してください。もう一つの方法は下の写真です。

指も身体もそうですが日常生活の中で屈曲させることばかりで伸展(伸ばす)させることがほとんどありません。

指伸ばしでも背伸びでも良いので、たまには伸ばしていきましょう!!

こんな感じに手を広げると良いと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です